経営アドバイスコーナー
石塚啓治のひとりごと
石塚啓治会計事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
東海税理士会所属

お気軽にお問合せください。
石塚啓治会計事務所
TEL:053-414-1081
keiji-ishizuka@tkcnf.or.jp

よくある質問

TKCとは何ですか?

TKCとは、税理士・公認会計士の全国的なネットワーグループです。TKC全国会は「自利利他」(自利とは利他をいう)を基本理念として納税義務者の信頼にこたえ、「適時・正確な会計記録」により作成した計算書類に基づいて、「職業会計人の職域防衛と運命打開」並びに「租税正義」の実現をめざすことを活動の目的としています。詳しくは、TKC全国会のホームページをご覧ください。

石塚会計の特徴は?

  • お客様の親身な相談相手
    お客様の立場で、お客様と一緒に関与企業の経営について積極的に提案させていただいております。
  • 予算重視
    TKC継続MASシステムにより、お客様と一緒に予算を毎期作成いたします。それには現状の確認、問題点の把握が欠かせないため、FX2を使った毎月の月次決算を基本としております。

月次巡回監査とは何ですか?

巡回監査とは、会計専門家が、貴社に毎月出向き、会計資料並びに会計記録の適法性、整然明瞭性、適時制、正確性を確保するため、会計事実の真実性、実在性、網羅性を確かめ、かつ指導することです。
お客様には自計化システム(FX2)を導入していただくことにより、監査後、最新の業績の説明と決算の先行き管理や資金繰り計画策定等が可能となります。

どのくらいの頻度で来てくれますか?

当事務所は、翌月巡回監査を基本としておりますので、毎月一回以上必ずお伺いします。

貴事務所の顧問範囲を教えてください。

主に静岡県西部を中心として、静岡県・愛知県などです。

これから会社を立ち上げたいのですが相談にのっていただけますか?

是非ご相談ください。当事務所は初めのご相談の際、料金はいただいておりませんので、まずはお気軽にお電話ください。

赤字で悩んでいます。相談にのっていただけますか?

当事務所は経営改善・赤字脱却に力をいれています。是非ご相談ください。継続MASシステムを利用した経営計画・業績検討会支援など、20数年の豊富な経験とノウハウをもとに、お客様の立場でお客様と一緒に考えていきます。

顧問契約をお願いするといくらくらいかかるのですか?

お客様の規模、月次巡回監査や決算にどのくらいの手間がかかるか、どこまでやるかにより変わります。詳しくは当事務所の料金案内をご覧ください。

書面添付制度とは何ですか?

法律に定められている制度で、企業が税務申告書を税務署へ提出する際に、その内容が正しいことを税理士が確認する書類(税理士が計算し、整理し、又は相談に応じた事項を記載した書面)を添付する制度です。
書面添付をすることにより、貴社への社会的信用は高まります。
① 書面添付により、貴社の適正な税務申告書の作成を支援します。
② 書面添付により、貴社の税務申告書が真正の事実に基づくものであることを確認します。
③ 書面添付により、貴社の税務申告書に対する税務当局などからの信頼性が高まります。

電子申告とは何ですか?

今までは、税務署に申告書を提出するためには、申告書を紙の形で税務署に持参するか、郵送するしかなかったのですが、電子申告は、申告書の提出に代えて、電磁的記録(電子データのインターネット等通信回線を通じた送信を持って納税申告が可能となるものです。
e-Tax(国税電子申告・納税システム)は、あらかじめ開始届出書を提出し、登録をしておけば、インターネットで国税に関する申告や納税、申請・届出などの手続ができる便利なシステムです。所得税、法人税、消費税の申告はもちろん、酒税や印紙税の申告もできます。また、「確定申告書等作成コーナー」で作成したデータを引き継いで利用することもできます。インターネットバンキングやATMなどを利用して、すべての税目の納税ができます。また、青色申告の承認申請、納税地の異動届、電子納税証明書の交付請求など、税務に関する申請・届出などの提出もできます。

どんなことでも聞いていいのですか?

どんなことでも結構です。当事務所の専門は税務・会計ですが、それ以外のことでも提携士業と連絡をとりながら、質問に答えたり、紹介させていただくことができます。